LINK
ローンした際、返済自体をする時には利子を上乗せした支払いになるのは周知の事実です。銀行又は金融機関は収益を目当てとした会社なのですから当たり前です。とは言っても支払う方は、少しでも少なく支払いたいと思うのが本心でしょう。利息制限法が適用される前は年間30%近い金利返していましたが、設けられてからは高くても年率18%位と随分低く設定されていますので、とっても良くなったような気がします。最近の融資の金利幅は4%位から18%位の枠に定められていて、使用可能額により決められます。利用可能額は借り主の信用によって決定します。総量制限により一年の収入の1/3までと設けられていますので、一年の収入がいくらなのか?どんな職についているのか?カードローンの使用状態はどうなのか?いろいろ調査され与信金額としてクレジットカードの内容が決められます。カードを使ったローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で内容は同じではありません)と広い枠があります。そうしてその間の中で決まった利用できる額により金利も決まってしまいます。50万円なら18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった感じになります。つまり、信用度が上がれば、与信限度額も多くなり、利率も低くなるはずです。この利率に矛盾を感じるのは僕だけでしょうか?余談となりますが、銀行又は金融機関にとって、それらの事実は当たり前なのかもしれませんが、年収の高額な人がお金の借入れができないと困るとは思えませんし、もしもキャッシングサービスを利用したとしても利息が良かろうが悪かろうがお金の返済に困る事はないです。逆に年の収入良くない人は即座にお金がほしいから借りる方が大半です。利子が多いと返済に追い込まれるようになります。ですから借り入れ可能枠の小さい人こそ低利息で活用できるようにするべきです。これらは活用する視点からの考えとなります。この事実を念頭に置くと、利率を良くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら理解したでしょう。実際にこのようにして申し込む人が多いので紹介しますと、キャッシングサービスの手続きをする際に、収入の1/3ぎりぎりまで申込みを行うのです。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で申し込み、カードローン審査で全金額通ればその分利子が低いクレジットカードを手に入れることができるのです。と言って上限ギリギリまで使わなければならないというわけではありません。15万円でも40万円でも必要な分だけの使えます。また最高利用範囲が300万円で最低金利年7%位の金融会社もあるのです。その企業に申請すればその金融会社の最低金利で使用できるようになるはずです。どう思いましたか?やり方を変えるだけで低利率のカードローンを持つことが出来るようになります。自らの一年の収入とカード業者の設定を比較し、調べる事に時間を費やせば、より望ましい状態で借りれるため、面倒だと思わずチェックするようにしましょう。