LINK
ローンした際、お金を返す時には利息を含めての支払いになるのは周知の事実です。キャッシング会社は営利を目当てとした会社なのですから当たり前です。しかし支払う方は、少しでも少なく払いたいと思うのが内心でしょう。利息制限法が適用される以前は30%近い利息を支払っていましたが、設けられてからは高利率でも年18%位といくぶん低く設定されていますので、とっても良くなったと思います。今日のローンの金利枠は4%位から18%位の枠が用意されていて、利用可能額により決められます。使用可能額は申請者の与信によって決定します。総量制限により年の収入の1/3までと決められていますので、年収がどれほどあるのか?どのような職についているのか?カードローンの利用状態はどうなのか?等が審査され与信額としてキャッシングサービスの内容が決められます。カードローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各会社で金額は変わります)と広い幅があります。こうしてその幅の中で決定した使用可能金額により利息も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年間12%、800万円なら年間4%といった流れになるでしょう。つまり、与信が高ければ、与信限度額も上がり、利息も低いというわけです。この事実に矛盾を覚えるのは私だけでしょうか?余談となりますが、カード業者にとって、これらの事実は問題がない事でしょうが、年の収入の多い人がお金の借入れの必要があるとは思えませんし、万が一ローンサービスを利用したケースでも利率が良かろうが悪かろうが返済に追い込まれる事はないです。反対に一年の収入悪い人は直ぐに必要だから借り入れを行うという人が大抵です。金利が良くないとお金の返済に悩むことになります。ですから利用可能範囲の小さい人こそ低利子で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この主張は使用する自分が置かれている立場としての考えではあります。これらの事を踏まえて、利子を安くする為にはどうしたら良いのか、何となく気付いたのではないでしょうか。現実、これから書く方法で、手続きを申し込む人がほとんどなので教えますと、キャッシングサービスの手続きをする時、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みを行うのです。年収450万円なら150万円。申し込み、審査で申し込んだMAXの金額が通ればそれだけ利率が低いキャッシングカードを手に入れることができると思います。であっても限度額ギリギリまで利用しなければならないわけでもないのです。10万円でも20万円でも必要な分だけ利用ができます。さらに最高利用可能範囲が300万円で最低金利年7%位の金融会社もあるのです。そちらを申し込めばその業者の最低利息で受ける事ができます。どう思いましたか?アプローチ次第で低金利のカードローンを持つことが出来るのです。自身の収入と金融業者の利息を照らし合わせて、検討する事さえ怠らなければ、より望ましい契約でキャッシングできるので、しっかり調査するようにしなければなりません。