LINK
自賠責保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険通称自賠責保険と言われる保険になります。この自賠責保険は強制保険とも言われていてクルマを定期的に定められている車検に出すときには決められた期間内に適用される自賠責保険に入っている必要があります。要は、全ての自動車に加入義務のある保険ということです。それでは自動車が自賠責保険に加入したまま売った場合はどうなるか考えてみたいと思います。自賠責保険という保険は車検のときに更新するというケースが少なからずありますが、もしも自賠責保険に加入した車を売ったケースではお金が返ってくることはほとんどないのが普通です。なぜならば自賠責保険の効力を一回なくして次の所有権を持つ人入れ替えることは面倒くさいのです。なので自動車損害賠償責任保険は、名義変更後にクルマとともに渡すというのが一般的です。その代わりの額を買取額に乗せてくれるものです。自賠責保険は自動車税と違い既に納めた保険額を月単位で割った額が戻ってくるのではなく買取額に上乗せという手法を使うことが普通ではありますが、見積に掲載されるケースは稀です。ですから、売却の際は自動車損害賠償責任保険の額が買取金額に入っているかをチェックしてください。あなたが納付した保険料がどの程度かだけでも知っておけば、大丈夫と思います。自賠責保険の保険料というのは、契約期間で違うものなので注意が必要です。車の買取の時には自賠責保険の名義を変更する必要があります。名義変更をしていなければ保険の提供元から保険の満了を知らせる便りが来てしまいます。売却を検討中の自動車が多少でも高額で手放せることを応援したいと考えています。